サイコ焼きそば

日記です。

youtubeで見る外人の喧嘩

こんばんは。 僕はyoutubeで外国人のストリートファイトを見ながらストロングゼロを飲み、ブツブツ独り言を言うことを趣味としております。 そんな僕が思う外人と日本人の喧嘩の違いについて今日は書きたいと思います。

 

まずは間合いの違いです。日本人は心のどこかに喧嘩を避けたいといった国民性が垣間見えます。5分ぐらいの動画の内、ずっと「オラァン!なめとんか?アア?オラァン!」といったやりとりが続けられていることがよくあります。

これは街や駅周辺、スーパー銭湯などでよく見る光景です。死ぬほどこわいですが結果的にだれも怪我をしない非常に平和的な結果を迎えることが多いです。周りの人間も止めに入ってあげている場合がほとんどです。その割に非常に近い間合いでそのやりとりが繰り返されることが多く、最悪掴みあいにはなりますが、直接的殴打まで発展することは稀です。

 

次に外人(アメリカ、イギリス等)の喧嘩の場合ですが、だいたい口論から相手を突き飛ばし、殴るための間合いを作ることがスタートの合図になります。動画では詳細がわからないのでなんとも言えないのですが、格闘技経験者が多いのか、いわゆるボクシング的な攻防がよく見られます。蹴りなどはあまり使用しない傾向にあるようですね。

日本人とは違い、周りの人間はまったく止めに入る様子はなく、だいたい致命的な打撃が片方に入ってからようやく止めに入ります。場合によっては歓声まで聞こえます。こんなやつらに戦争で勝てるわけないなということを再確認させられますね。イギリスなんかはベアナックルボクシング発祥の地とあって、ストリートファイトが根付いている印象ですね。

 

以上です。みなさんもyoutubeで外国人の喧嘩を見ましょう

https://youtu.be/S-Szg7sHjnw

喧嘩ではないですが外国の草ボクシング(草野球的なもの)も面白いですよ。

動画は有名なキンボ、スライスですね。